FC2ブログ

わらびこ陶芸同好会

アサギマダラ20161102
わらびこ陶芸同好会は第1・第3水曜日午前中に静岡市葵区大原の「都市山村交流センターわらびこ」http://www.at-s.com/facilities/article/play/experience/137581.htmlでやってます。短い時間の中で釉がけ、窯小屋の中に道具をしまってお昼ご飯。
写真のアサギマダラ、今日もたくさんやって来ました。窯小屋のある駐車場のお隣、お団子とお茶のおいしい「茶の芽」さんの駐車場に咲くフジバカマに毎年。もうそろそろフジバカマの花も終わり近く、今日は寒いのでもう居ないかな…。朝は株元を覗き見てシーズン終了かと思ったのですが。
太陽が顔を出したら、どこからとも無くひらひらと…お奇麗でございます。

ちなみにわらびこ陶芸同好会は毎月第1・3水曜日 9時30分から準備12時までの開催です。(わらびこの都合で中止になることもあります)会費は月2000円、材料費は粘土1kgにつき500円(2016、11月現在)
スポンサーサイト



ツクルを楽しむ陶芸同好会

カレー皿bk
毎月第1.3水曜はわらびこ陶芸同好会。
「わらびこ」というのはアトリエ雑草から徒歩2分にある都市山村交流センターという施設で、道の駅のような公民館のような建物です。毎月第1と第3の水曜日には午前中部屋借りして陶芸仲間と粘土遊びを楽しんでいます。建物の外に陶芸窯や道具を保管する小屋があり、学習室という部屋に運び込んで作業するので、お皿1枚作る、釉薬かける、といった作業ひとつであっという間に片付け時間。毎月1枚ずつお気に入りのお皿を作る、というスローペースで楽しむ陶芸同好会です。(毎月と言ってもわらびこ学習室が借りられないとお休みだし、8月には小学生限定の陶芸教室が予定されています)
 会費は1か月2000円、材料費は粘土1kgにつき500円。http://www.okushizuoka.jp/100sen/spot/000151.html
普通の陶芸教室と違ってカリキュラムが無いので、各自が作りたいものをそこにある道具と材料で勝手に作っています。ろくろも卓上の手回しタイプしか有りません。写真のお皿に使った黒っぽい粘土のほか2種類の信楽粘土を買うことが出来ます。素朴な土の器を自分で作る。職人の作るようなものを気の遠くなるようなてまひまかけて作ってみたり、ざっくりどっかんの質感でどこにもない陶器を作ってみたい人にはお勧め。でも「何これ?」って言う眼で見られることも…。
 帰り道のオススメは、わらびこお向かいの「茶の芽」のおだんご。http://ameblo.jp/oharachanome/entry-12142916879.html

陶の鯉のぼり

以前作った鯉のぼりの置物をiichiのshopに上げました。我が家は狭いのでちいさな鯉のぼりだけ。靴箱の上にちょこんと置いたり、壁にかけたり。
http//shop.iichi.com/atelierzasso鯉のぼり3点セット

#こいのぼり#鯉のぼり#手作り