FC2ブログ

保護犬富士子と初めての年越し

1230ごごさんぽ
アトリエ雑草年内の業務終了。プチ掃除と畑のコンポスト更新と、歳末富士子シャンプーで一日を終わるの図。
そうなんです、朝のトイレ散歩だけでなく夕方と夜のトイレ散歩も私の仕事になってしまった。しくしく。理由は、シャチョー(夫です)が足が痛くて歩けないから(え、医者行ったの?今週病院の日だったじゃない)年末年始でもう病院やってないから。(えーなんで今まで行かなかったの…)
富士子さん、ストレス?脱毛もすっかり回復しました。お腹が白くなったね〜朝は霜のおりる土手道も元気に走っています。(ホントだってば)
6月に我が家に来た富士子。去年の冬はどこにいらやら不明。6月には抜けきらない冬毛とハーネスの跡をくっきりつけていました…。
まだまだ恐がりブルブルな富士子。長男長女が帰省してにぎやかになったらまたケージに隠れちゃうかな…。
スポンサーサイト



フェルト製鏡餅ケース

鏡餅(小)プラケース
フェルト製鏡餅(小)ケース入りの写真です。後ろの窓ガラスに結露防止プチプチ貼りました。
iichiで3000円で販売中。
http://shop.iichi.com/atelierzasso

フェルト製鏡餅(小)

鏡餅(小)
卓上鏡餅出来ました。小さいの、注文品ができたのでもういっこ作ってみました。プラケースに入れて水引も結んで。プラケースはやわらかいものです。(直径10cm高さ10cm)
iichiで販売中。3000円ゆうパック送料別
http://shop.iichi.com/atelierzasso

鏡餅はリサイクルのドームカバーに収納。

鏡餅ドームカバー
昔頂いた飾り時計が壊れたあと、このドーム型のカバーがもったいないなーととっておきました。
直径10cm高さ30cm。猫5匹歩き回る我が家にはカバーが欠かせないです。作業中も、ちょっとこたつで編み物のときも、いつでもしっかりカバーできるものを傍らに置いています。

フェルト鏡餅完成形

鏡餅大
鏡餅完成。高さ25cm。
水引を結ぶとまたフェルトが毛羽立つので、もう一回表面を整えて。2日がかりになりました。

お正月準備1⃣フェルト鏡餅

鏡餅制作中
個展以来、発送と片づけ、がーっと隅に寄せて積んであった個展以外の仕事に追われていましたが、やっとこさ次のものに取りかかるの図。フェルトで作る鏡餅です。三方は固めのスポンジ芯(手前の針を刺してある作業台)に布フェルトを縫って作ったものを手芸用ボンドで固定しています。これは自宅用。壊れた飾り時計の埃よけのカバーだけが残っていたので、ドーム型のカバーに合わせて作ります。お持ち部分の表面積が広いので、刺す作業時間がハンパ無い。指関節のご機嫌を伺いながら続きをやります。

花の命、ペットの命

花
ヨシケイ関係者から個展に頂いたお花は、まだ元気なのを台所に飾っている。庭の水仙も風で折れやすいので一緒に。盛花の透明なラッピングとリボンをはずしそびれたままギャラリー隅っこの床に置きっぱなしだったのが幸いして、2週間以上も頂いた姿のまま咲いていた。我が家では5匹の猫が食べてしまうのでラップのまま。数日たって花を見慣れれば猫は手を出さなくなる。それからラップをはずしてコップへ。
もう一つ、とてもかわいいお花を頂いて。嬉しくてギャラリーの展示台(作品の隣)に置いた。そのお花はエアコンの風とスポットライトにやられてすぐしおれてしまった。
かわいい、皆に見せたいとスポットライトに当てれば、それだけ命も縮むということかな。繁華街のギャラリーで、ウインドウあたりに置いた花は見知らぬ通行人の目を楽しませたかも知れない。気にかけて目をかけて心ならず小さな命を削ることもあるかも知れぬなどと思った朝でした。

保護犬富士子ちょっと慣れる

こたつ富士子
6月に富士川河川敷で保護され、保健所経由で我が家に来た富士子。
臆病で、音や手に持ったものに怯える、散歩に呼んでも、行ったり来たり数分。生来物覚えが悪いのか、それとも心の傷なのか…不明。
家に来て半年過ぎてから、少しずつ物陰から出て来るようになった。
アンダーコートもほぼ復活
個展開催中の一週間は、いつも家に居る私が不在のせいか下痢。帰ってきてこたつに座るとそばに来るようになった。でもまだ間合いを取っているし舐められたことも無い。
今日は調子に乗ってキャットフードをネコババしに行く。いいぞ。もっと調子に乗ってくれ。

ありがとうございました。

ワークショップ最終日一週間の個展が終わりました。
写真は最終日、ワークショップご予約のお客様が2名キャンセルされ、タイミングよく参加されたお二人の作品。一番左が私の見本のスノーマンです。
本当に楽しい6日間でした。ヨシケイメニューブックの表紙を毎週楽しみにしていましたなんて初対面のお客様から嬉しい言葉を頂いたり。DMを見て古い友人が来場してくれたり。笛友、陶芸友、あとご自分のフェルト作品を見せて下さった男性。恥ずかしがって見せて下さらなかった男性。羊毛フェルトやってみたけどなかなかうまくできないという方が多くてビックリ。静岡の街中の様子も様変わりしていてビックリ。
おかげさまでまた作品づくりを続ける元気が充電できました。
来年はペットやひとの似顔を中心に行きたいなあ…ところがこのギャラリーが人気で、来年の予約が出来ませんでした。さてさて、いつどこで第3回個をやるか、はたまたグループイベントを企画するか。その時はまたお知らせ致します。

ワークショップ2日目

ワークショップ2日目
ワークショップ初日はこちらも初めてでドキドキ。知人をお客様としてまずひとつ完成しました。
2日目はヨシケイメニュー表を毎週楽しみにして下さっていた、とご来場のH様。酉年を元気に頑張れるよう、pちゃんにチャレンジ頂きました。
どなたも最初は針の扱いに戸惑うものです。「はい、持ち替える前に針をスポンジ台に刺して下さい」何度か声に出すうちに手順が自然に入ってきます。
完成まではやく時間。お喋りしながら、フェルトの色を選びながら。ゆっくり刺すと時間もかかります。しっかり固定までお手伝いしました。
今日初めて会った方とこんなに楽しい時間を過ごせる幸せ。ありがとうございました。